事前申込受付中婦人科疾患
及び
不妊治療
勉強会

不妊治療

本気のSTART UP支援!

このたび「特定不妊治療費助成金」の適応が拡大され、これまで初回のみ30万円、2回目以降は15万円であった助成金額が『2回目以降も一律30万円、ただし、こども一人につき最大6回まで』に緩和され、さらに所得制限が撤廃されました

年齢制限はありますが、お住まいの都道府県や自治体から助成を受けることが可能です。それに伴い、当院では初診の方で1回目のみ『自然周期・凍結・融解胚盤胞移植』をほぼ助成金額と同じ費用で体外受精(顕微授精)を受けることが可能なプランをご用意いたしました。

プランの詳細

卵子を1~3個採卵し、顕微授精で受精させ、5~6日間培養し胚盤胞まで育てます。胚盤胞になれば一旦凍結保存。子宮内を着床環境へ整えてから融解胚移植を行い、妊娠成立を目指します

治療の流れ 費用 補足
採卵 60,000円 首都圏の平均は
300,000円前後
です
体外受精・
顕微授精
40,000円
胚盤胞培養~
凍結保存
100,000円
凍結胚盤胞の
融解~
胚盤胞移植
100,000円 首都圏の平均は
180,000円前後
です
合計 300,000円 平均
480,000円前後
(当院調べ)
  • 診察、投薬、超音波検査、ホルモン検査、ERA検査、PRP療法、SEET法、その他のオプション設定してある項目の代金は別途かかります。
  • 本制度は期間限定の予定です。予告なく終了する場合があります。

体外受精、胚移植を応援します。

ステップアップが難しかった方は、体外受精・胚移植にチャレンジしてみませんか?