MEDICAL

婦人科

HPV(子宮頸がん)ワクチン

  • #診療科
  • #HPV(子宮頸がん)ワクチン

HPVワクチンの接種を逃した方~キャッチアップ接種~

対象となる方

次の2つを満たす方が、あらためて接種の機会をご提供する対象となります。

  • 平成9年度生まれ~平成17年度生まれまで(誕生日が1997年4月2日~2006年4月1日)の女性
  • 過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない

※ HPVの通常の定期接種:小6~高1の女子 3回 無料

詳細について

なぜ、あらためて接種の機会が設けられているのか?HPVワクチンの接種をお勧めする取組みが差し控えられていた期間に、定期接種の対象であった方々の中にワクチン接種の機会を逃した方がいらっしゃいます。まだ接種を受けていない方に、あらためて、HPVワクチンの接種の機会をご提供しています。
詳しくは、下記の厚生労働省のページをご覧ください。
ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種を逃した方へ

参考資料:厚生労働省HP

接種可能時期について上記対象者は、令和4(2022)年4月~令和7(2025)年3月の3年間、公費で接種できます。
3回の接種を完了するまでに十分な期間が設けられていますが、希望される方は、なるべく早く接種しましょう。

接種方法について

*接種に必要なもの

  • 健康保険証
  • 母子健康手帳
  • 小田原市からのキャッチアップに関する通知
  • 予診票(窓口にてお渡しします)

*注意点

  • 16歳未満の方は、保護者による同意が必要となります。保護者同伴でご来院ください。
  • コロナの抗原検査のため、おひとりにつき、2,200円(自費)がかかります。