お知らせ

培養件数・成績について(2019~2020年)

①実施件数について

  2019年 2020年
採卵 300件 423件
融解胚移植 66件 160件
 

②成績のまとめ

2019年1月(開院)から2020年12月までの期間での成績

妊娠反応陽性率  73.0% (89名/122名)

胎嚢確認での妊娠率  61.5% (75名/122名)


これは、開院から2020年12月までの期間で、122名の患者様に融解胚移植を行った 結果です。
122名の患者様のうち、73%(89名)の方が妊娠反応陽性となり、61.5%(75名)の方に胎嚢(赤ちゃんのふくろ)が確認できました。

③融解胚移植での胎嚢確認できた移植回数について

これは、融解胚移植で胎嚢が確認できた75名の方が、何回目の胚移植で胎嚢確認できたかを示しています。約80%の方が2回目までの胚移植で胎嚢確認ができていることがわかります。

④2020年の年末より取り組んでいますPRP(多血小板血漿の子宮内注入)の成果について

PRPを行った周期に融解胚移植を行った症例の妊娠反応陽性率  83.3%(5/6)
お知らせ一覧へ